スカンジナビアの木工職人、手づくりの商品、北欧雑貨、北欧の暮らしを楽しむお店「スカンクラフトハウス」が
北欧の「まいにちの暮らし」をリアルタイムに伝えます。
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.9
「ポテトチップスが湿気ない??」


私がスウェーデンでちょっと驚いた事。
それは、ポテトチップスなどをお皿に出しっぱなしにしていても、湿気ないという事。

そういえば、ペッパカーカ(薄いシナモン味のクッキー)も、缶に入れているとはいえ、乾燥剤も入れていないのにいつでもサクッサク。

おもしろい発見でした。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.9
Potato chip does not get damp

北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.8
スウェーデンでは、クリスマスをワインで、年越しをシャンパンで祝うようです。

こちらは、お酒の専門店。
ビールやシャンパン、ワイン、ウォッカなどなど、
ちょっとしたスーパーほどある広々とした店内には、お酒がたくさん並んでいます。

クリスマス時期には、まだたくさん並んでいたシャンパンが、年末にはほとんど売り切れ!

私達は、前もってお気に入りのシャンパンを買っていたので大丈夫。

クリスマスは温かい室内でホットワインを、年越しは寒空の中で花火を打ち上げながら冷たいシャンパンで楽しみました。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
http://www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.8
A liquer shop
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.7
とっても便利!スーパーの買い物方法。

ここは、スウェーデンでよく見かける「ICA」というスーパー。
こちらには、ハンディータイプのバーコード読み取り機があります。

この機械で買いたい商品についているバーコードをピッピッと読み込み、そのまま持参した買い物袋の中へバランスよく収納。

バーコードの付いていない量り売りのタイプは、設置されている量りのタッチパネルで野菜の種類を選び、商品を乗せてボタンを押すとバーコード入りのシールが印字されてくるのでそれを商品に貼って“ピッ”。

レジでバーコードを読み取った機械を渡し、お会計してお買い物は終わり、
商品は既に買い物袋に詰めてあるので、そのまま持ち帰り。

画期的な買い物システムを前にスーパーで感激。
甥や姪と同じように、バーコードを読み取る“ピッピッ”の作業が楽しくてうれしくて。

こんなシステム、日本にも導入されないかな・・・。

※全てがこのシステムで運用されているわけではなく、隣には通常のレジシステムもありました。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
http://www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.7
ICA Supermarket
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.6
久しぶりの、スウェーデンの旅のお話です。

今日は、私が滞在していた村にある「ごみ収集場」をご紹介します。
村の一角には、いつでもごみが捨てれられるごみ収集場がありました。
人の背丈ほどあるおおきなゴミ箱がたくさん。

姉夫婦は手分けをしながら、慣れた手つきでゴミを分別しながらポンポンと箱の中へ。


また、姉の家には庭先のポスト近くに大きなゴミ箱があり、そこへ家庭ごみを入れておくと2週間に一度のタイミングでごみ収集に来てくれるそうです。

こちらはスウェーデンでよく見かけるスーパー「ICA」(イーキャ)。
スーパーでも缶とペットボトルの収集をしています。
入口から入るとすぐに「Returstation」と書かれたコーナーに自販機のような機械が設置してあります。

そこへ、ペットボトルや缶を一つずつ投入していきます。
なんと、その場でお金に換えてくれるのです。
甥と姪も二人で仲良く手分けしながら楽しそう。
こちらのリサイクルコーナー。写真を見ても分かるとおり、
日本でよく見るエコカラーではなく、とても明るい色使いなんですよね。

ところで、こちらのスーパーのお買い物のシステムはとても便利!
お買い物についてくる子供も楽しいんじゃないかな?と思います。
スウェーデンのスーパーの様子を、次回のご報告に。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
http://www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.6
A recycling station of the garbage
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(1) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.5
学校

教室の中をご紹介。

各教室の窓際にもアドベント用のランプがともり、飾りつけもされています。

そして、教室の前方の黒板付近には、こんなかわいらしい椅子も。

こちらは、学芸会などを発表する講堂。

壇上の後ろには、サイの絵が書かれていますね。

この日、終業式に行われる学芸会の練習発表を見学しに行ったのですが、
こうしてキャンドルをともして先生がピアノを弾いていました。

このピアノの後ろの壁面にも、壇上のサイと同じタッチの絵が書かれていました。


どこか、ホッとするような空間だった。

店長 本間あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
http://www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.5
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.4
「学校◆

学校の廊下の風景をご紹介。
廊下の窓際には、必ず観葉植物を見かける。


そして、カーテンなどは明るい色。


こんなかわいいベンチも。

(↑校舎に入ったところ)

(階段の踊り場)

そして、教室が並ぶ廊下。

みんなの防寒着が、このようにずらりとフックにかかっています。

自分のフックの場所には、それぞれ手づくりのネームプレートが。


スウェーデンの冬ならではの学校の様子でした。

店長 本間あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.4
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.3
「学校 

私がスウェーデンに到着したのは、冬休みに入る直前。
丁度、甥っ子と姪っ子が通う学校へ行く機会があったので、ちょこっとご紹介していきます。

これは、学校の看板。

な〜んか、いい感じでしょ?
幼稚園と小学校が一緒の校内にあります。

そしてこれが校舎


よく見ると、窓にはアドベント用の飾り付けが。

そして、植木などのグリーンが見えますね。

学校内には森もあります。
確か、5年ほど前の夏の終わりごろに来たときには、授業として森に行く曜日が決まっていると聞いたような気がします。
そして、小さかった甥っ子が大きな木を指差して、
「あれはどんぐりの木で、リスが住んでいるんだよ。」と教えてくれました。

確かに大きかった木。何年も経つけど、今でもはっきり覚えている。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
http://www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.3
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.2
姉は日本に帰ってくる度に、日本のテレビ番組をまるで試練のようにビデオに録画しまくって帰っていく・・・。家中のビデオデッキは、突然休む暇なく働かされ、きっとびっくりしていると思う。

海外に住む姉にとって日本語のテレビ番組というものは、ボーっとしながら見れるとても楽しみなものらしい。
日本の雑誌を送っても、とても喜んでくれる。
そのビデオテープも雑誌も、スウェーデンに住む日本人のお友達のところを、ずーっと旅しているようです。

そして、今回スウェーデンの姉の家に行ってとても驚いた。

(↑スウェーデンの姉の家で日本のテレビ番組を見ている様子。)
実は昨年夏に姉一家が日本に帰ってきていたときに、SONYのロケーションフリーという機器を設置していった。
そのロケーションフリーというものは、ネット回線を利用し海外にいながら日本のテレビが見れるというものらしい。

私はネット回線を使用しているため、小さな小さな画面で表示されているものを見ていると思っていた。

ところがある日の夕食時・・・。
日本のコメディー番組が大型液晶テレビに画面いっぱい映っているんです。
チャンネルも自由に変えられて、もーびっくり。

(↑画像もきれいで、いる場所を錯覚してしまいそう。)
私が日本を出発する前に、年末年始の番組表が載っているテレビガイドを買ってきてという連絡が。

テレビ番組表にマーカーをし、変わらず試練のように録画しているようでした。
今度は、時差がありますからね!がんばって!

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE● 
http://www.s-c-house.com 

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.2
LocationFree
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(1) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8) Vol.1
日本からスウェーデンまでは、現在のところ直行便がありません。
ですので、どこかで飛行機を乗り換える必要があります。

英語が全くダメな私は、旅路はいつも不安でいっぱい。
今回は飛行機の乗り換えが、ロンドンのヒースロー空港なので余計に不安はつのるばかり。ここは大きな空港で、乗り継ぎのためには空港のターミナル間をバスで移動しないといけない。。。


(飛行機の中で。)

そんなドキドキを和ませてくれたのが、私の友人が作ったクッキー。
焼き菓子作りからラッピングまでの全てが彼女の手づくりで、
美味しいだけでなく、きめ細やかさや丁寧さ、優しさがいつも伝わってきます。
(現在は口コミだけでの販売なので、こちらでご紹介する事ができません。
ご紹介できるようになれば、本当に彼女のケーキは美味しいので皆さんにご紹介させていただきますね。)
頂いた焼き菓子セットの中からいくつかを旅のお供に連れ出しました。
ロンドンまでの長い機中の中、コーヒータイムでホッとさせてくれたのでした。

有難う。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE● 
http://www.s-c-house.com

[A trip of Christmas in Sweden](Dec 18.2007-Jan 8.2008)
vol.1
The cookie which my friend made.

北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
スウェーデンでのクリスマスの旅(2007.12.18−2008.1.8)
今回の旅の目的は、ゆっくりと北欧の時間に溶け込み、なにより本物の北欧のクリスマスを体験することでした。

(ガムラスタンにて/Gamlastan)

3週間にわたるスウェーデンでの滞在中、こちらのブログにて毎日のように更新させて頂いていたのですが、それでも伝えきれないものがたくさん。
少しずつですが、タイトル通り「スウェーデンでのクリスマスの旅」としてお伝えしていければと思います。
そして旅の思い出に交えて、わたし目線のスウェーデンもお伝えできればと思います。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE● 
http://www.s-c-house.com

A trip of Christmas in Sweden(Dec 18.2007-Jan 8.2008)
start・・・
北欧紀行 スウェーデンでのクリスマスの旅【2007.12.18-2008.1.8】 comments(0) -
| 1/3 | >>